幼児の子どもが勉強を好きになる、進んで勉強する方法や遊びとは?

幼児の子どもが勉強を好きになる、進んで勉強する方法や遊びとは?総合の授業
あんスラ
あんスラ

今回は、どうやったら勉強してくれる子どもになるのか悩んでいる、幼児を持つ親に向けて記事を書きました。この記事を見れば答えが分かるかもしれません。ぜひご覧ください。

【授業前】ミカエル、ガブリエル

キンコーンカンコーン♪

あんスラ
あんスラ

はい、では総合の授業を始めたいと思います。

ミカエル
ミカエル

起立、、礼

ガブリエル
ガブリエル

おはようございます

あんスラ
あんスラ

とても神聖な空間になりましたね。では、自己紹介をお願いします。

ミカエル
ミカエル

私は大天使ミカエル。教育や子育てに悩む子羊たちに教えに参りました。

ガブリエル
ガブリエル

私は大天使ガブリエル。皆さんを幸せに導くためにやってきましたわ。

あんスラ
あんスラ

この総合の授業では、私たち3人が教育や子育てに悩む人たちが少しでも解決できるようなことを紹介していく授業になります。

よろしくお願いいたします。

あらすじ

あんスラ
あんスラ

最近の娘とのやり取りで面白いことがありました。

ある日、東京芸術大学の文化祭に、あんスラとあん娘が出かけようとしたときです。

あんスラ
あんスラ

ちょっと準備するものあるから待っててね~

あん娘
あん娘

じゃあ、その間に遊ばなくちゃ!

と、急いであん娘は遊び部屋へ行きます。

すると、、、

あん娘
あん娘

Minnie is singing!!ふんふふーん。

Minnie is singing!!ふんふふーん。

Minnie is singing!!ふんふふーん。

と、ディズニー英語の英語の音声に合わせて、英語を繰り返すあん娘がいました。

あんスラ
あんスラ

英語を勉強と思わないで、遊びだと思うって、いいな~。

あんスラにとって、ちょっとした青天霹靂でした。

今までは勉強はつまらないものだから、いかに勉強を楽しくするかを考えてきたため、驚きました。

あんスラ
あんスラ

勉強はつまらないものだとまず考え込むのが違うのかもしれない。

最初から勉強を遊びの一つだと思えれば、もっとみんな勉強を楽しめるかも

ミカエル
ミカエル

幼児の成長や学びには、遊びが欠かせません

遊びを通じて、好奇心や想像力を育みます。

ガブリエル
ガブリエル

また、幼児の知育には知育アプリを活用することもオススメです。

幅広い学習内容をカバーし、楽しく学ぶことができる知育アプリを選ぶことで、幼児の成長をサポートすることが出来ます。

幼児のための知育アプリの選び方とおすすめのアプリ10選を紹介していきます。

1.子どもが勉強を好きになってもらうには?

遊びながら楽しく勉強する

窓から覗く子どもの画像
ミカエル
ミカエル

幼児期の子どもに勉強を好きになってもらうには、遊びながら楽しく勉強させてあげることが大切です。

いきなりドリルやワークに向かわせるのではなく、遊ぶように勉強させることで

子どもは勉強が楽しいと感じるようになります。

ガブリエル
ガブリエル

以下5つは、幼児の子どもにおすすめの遊びながらの勉強方法になります。

幼児にオススメな勉強方法
  1. おもちゃの数を数えたり、絵本を読んで文字を覚える
  2. ゲーム感覚でアルファベットや数字のパズルを解く
  3. 絵を描いたり音楽を聴いたりして創造力を育む
  4. ブロックやパズルを使って論理思考を鍛える
  5. 自然散策や実験を通じて科学的思考を促進する
あんスラ
あんスラ

私は小さい頃、とにかくパズルが好きでした。

そのため、一緒に楽しみながらパズルをやります。

特に、ラキューが凄いですよね!

本当色んなものが作れるから、創造力も論理思考も育めます。

ミカエル
ミカエル

マグネットブロックもオススメです。

ガブリエル
ガブリエル

私は断然、キュボロです。本当、自分が完成させたお城?で球がゴールまで通った時の感動がいいです。

あの有名な藤井壮太さんが幼児期に遊んでいたおもちゃとしても有名です。

あんスラ
あんスラ

息子も毎朝キュボロをやっています。たまに娘と喧嘩になるので、2つ用意したいんですが、まぁ値段がするんですよね。。でもとても良い知育玩具ですよね!

ガブリエル
ガブリエル

親も楽しみながら子どもと一緒に遊ぶことも大切です。

ミカエル
ミカエル

親が嫌々遊んでやるかという気持ちで遊んでいたら、子どもたちもつまらなくなってしまいますもんね。

だから、あんスラのように子どもと一緒に楽しめる遊びを見つけて、親も子どもも一緒に学べる遊びが最高だと思います。

ただ、強制はやめてくださいね。

子どもが興味を持った勉強から始める

こどもたちが笑っている画像
ガブリエル
ガブリエル

子どもが興味を持った勉強から始めることも重要です。

ミカエル
ミカエル

興味があることに取り組むことで、子どもは楽しく勉強できるだけでなく、さらに知りたいことや学びたいことが生まれます。

以下は、子どもの興味に合わせた勉強の取り組み方の例です。

子どもの興味に合わせた勉強3つの例
  1. 車が好きな子ども:車のおもちゃの数を数えたり、車の出る絵本を読んで文字に触れる
  2. 動物が好きな子ども:動物の名前や特徴を覚えたり、動物の絵を描いてみる
  3. 星が好きな子ども:星座の名前や形を覚えたり、宇宙をテーマにした絵本を読む
ガブリエル
ガブリエル

子ども自身が興味を持って取り組むことで、勉強へのモチベーションが高まります

あんスラ
あんスラ

最近4才になったばかりの息子が大の電車好きで、現在「京急電鉄」が好きです。

毎週電車に乗ったり家や車の中では電車の図鑑や雑誌も見るため、電車の種類も覚えていくし、電車の型番から数字を覚えたり、駅名も漢字なのに読めたり、電車関係の英語も読めるようになっていっています。

電車好きな子って、賢いイメージが昔からありましたが、「なるほど!だから電車好きな子は色んな知識が持っているんだ!」と、息子を見て思いました。

ミカエル
ミカエル

いいことですね。このように子どもの興味あるものはどんどんと吸収していきます。

ガブリエル
ガブリエル

好きなものに触れさせる、これが大事です。

ただ、youtubeなどの動画で好きなものを見せるのは、、あまりオススメしません。その理由については今度お話しします。

一人で集中できる環境を整える

勉強する犬の画像
ガブリエル
ガブリエル

子どもが一人で集中して勉強できる環境を整えることも大切です

以下、3つが勉強できる環境を整える方法になります。

勉強できる3つの環境作り
  1. ミニデスクや専用の学習机を設置する
  2. 集中力を高めるために静かな環境を提供する
  3. 学習スペースには必要な教材や学習ツールを準備する

子どもが学習に集中できる環境を整えることで、勉強への意欲や集中力を高めることができます

あんスラ
あんスラ

子どもたちには2歳ころから?ミニデスクを用意しています。

とても集中して、はさみで物を切ったり、絵を描いたりしてますが、、

集中しすぎて、私の声が聞こえないのが難点ですが、、

親も一緒に勉強し、感動してあげる

親と子供があそんでいる画像
ミカエル
ミカエル

子どもが勉強するときは、親も一緒に付き添ってあげることも効果的です

ガブリエル
ガブリエル

一緒に勉強することで、子どもは保護者の存在が安心感や楽しさをもたらし、勉強に対する意欲を高めることができます。

保護者との共同勉強は、子どもにとって貴重な学びの機会となります。子どもが楽しみながら学習できるよう、一緒に取り組んであげましょう。

あんスラ
あんスラ

親も学べることが沢山ありますよね。

私が考えるポイントは、親は学んだことを感動することです。

親が「へー!!凄いね!コレ!!」って驚いて子どもに言うと、子どもも真似して感動します。

ガブリエル
ガブリエル

流石ですね。学んだことを感動できる子どもは成長しやすいです。

ミカエル
ミカエル

成長しやすい理由は、感動したいから、新しいものをどんどんと学びたくなるからです。

以上のような方法を取り入れることで、幼児の子どもに勉強を好きになってもらうことができます。

あんスラ
あんスラ

子どもが自ら学習に取り組み、成果を実感できるようサポートしていきましょう!

2. 子どもが進んで勉強するようになるには?

ガブリエル
ガブリエル

幼児期に学ぶべき力があります。

それは「学びに向かう力」です。

ミカエル
ミカエル

「学びに向かう力」とは、好奇心や協調性、頑張る力などの非認知スキルを指します。この「学びに向かう力」は、幼児期に特に伸びると言われています。

この「学びに向かう力」を養えば、あとは勝手に成長すると言っても過言ではないかもしれません。

そんな大事な力の養い方を紹介します。

好奇心を育む

動物の音楽祭の画像

幼児の好奇心は非常に旺盛です。

ガブリエル
ガブリエル

そのため、学びに向かう力を育むためには、好奇心を刺激することが重要です。

ミカエル
ミカエル

例えば、おもちゃの数を数える絵本を読んで文字を覚えるなどの遊びを通じて、子どもの興味を引くような学びの要素を取り入れることが効果的です。

協調性を促す

日が昇る画像
ガブリエル
ガブリエル

協調性は幼児期から育むことが大切です。

幼児は周りの子どもたちと一緒に遊んだり、共同で活動することを楽しむ傾向があります。そのため、幼児期に協調性を促す学びの機会を提供することで、学びに向かう力を育むことができます。

ミカエル
ミカエル

例えば、グループでのゲーム協力プロジェクトなどを通じて、子どもたちがお互いに助け合い、協力して学ぶ機会を提供しましょう。

頑張る力を養う

頑張る子どもたちの画像
ガブリエル
ガブリエル

幼児期に頑張る力を養うことも、学びに向かう力を育む上で重要です。

幼児は自己肯定感や自信を高めるために、様々なことに挑戦する必要があります。

ミカエル
ミカエル

そのため、幼児期には新しい課題やチャレンジを提供し、子どもたちが自己を超える経験をする機会を与えることが大切です。

ガブリエル
ガブリエル

子どもたちが頑張った結果を認め、褒めることも重要です。

褒められることで子どもたちは自己肯定感を高め、さらなる学びに向かって頑張る力を養うことができます。

あんスラ
あんスラ

褒めを極めるものは、教育を制す!

3. 幼児の遊びはとても大事

おもちゃの画像
ミカエル
ミカエル

幼児の遊びは、脳や体の発達に重要な影響を与えます。

以下は、幼児期の遊びが与える具体的な影響です。

脳の発達を促進させる

青空の画像
ガブリエル
ガブリエル

幼児期の遊びは、脳の発達を促進させます

例えば、追いかけっこや鬼ごっこボール遊びなどの外遊びは、体を動かすことによって心肺機能が向上し、体力がつきます。また、遊びの中でさまざまな動作を経験することでバランス感覚や筋力が発達し、丈夫な骨の成長にも寄与します。

ミカエル
ミカエル

さらに、複数人での遊びではコミュニケーションをとりながら遊ぶことで、脳の前頭前野という部分が活発に働き、集中力や忍耐力などの能力も向上します。

創造力と柔軟性を育む

本棚画像
ガブリエル
ガブリエル

幼児期の遊びは、創造力と柔軟性を育みます

幼児は豊かな発想力を持っており、独自のアイデアや考えを生み出すことがあります。積極的に遊びを展開させることで、幼児の創造力や柔軟な考え方を促すことができます。

ミカエル
ミカエル

特に、自由な遊びの中で幼児が自分なりのルールやアイデアを考え、新しい遊びを発見することが重要です。

あんスラ
あんスラ

そういや、新しい遊びを考えるのが私の趣味でしたね。

よく「オレ、天才じゃん!」と、アイデアが閃いたら言っている少年でした笑

自主性を育む

自主的な子どもの画像
ガブリエル
ガブリエル

幼児期の遊びは、自主性を育むのにも役立ちます

幼児は自分でやりたいことや興味を持ったことに対して自発的に行動することがあります。

ミカエル
ミカエル

そのような自主性を伸ばすためには、子供の声をしっかりと聞くことが重要です。

自発的な遊びをさせることで、幼児が自身の考えや興味を追求する力を養うことができます。

あんスラ
あんスラ

大人が適切な環境を整え、遊びの中で幼児が自主的に行動することをサポートしましょう。

以上のように、幼児の遊びは脳や体の発達にさまざまな影響を与えます。

遊びを通じて身体機能の成長を促し、創造力や柔軟性を育み、自主性を培うことができます。

ミカエル
ミカエル

幼児の遊びはただの遊びではなく、成長と学習の重要な要素であることを忘れずに、子供たちに豊かな遊び体験を提供しましょう。

あんスラ
あんスラ

遊びは本当大事ですね。みんな沢山遊びましょう!

まとめ

あんスラ
あんスラ

今回はどうやったら勉強してくれる子どもになるのか悩んでいる幼児を持つ親に向けて記事を書きました。

分かってくれたでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました