性犯罪防止と教育: こどもと若者を守るための取り組み

child safety未分類

性犯罪の防止と教育に関する重要なテーマについて、今回はお話ししたいと思います。

あんスラ
あんスラ

性犯罪や性暴力は、被害者の尊厳を踏みにじる行為であり、特にこどもや若者に対する犯罪は深刻な影響を及ぼす極めて悪質なものです。

そのため、性犯罪の予防と被害者の保護は、私たち全員が関わって取り組むべき重要な課題です。

政府も積極的な取り組みを行っており、教育プログラムや緊急対策パッケージの策定を通じて、性犯罪の防止と被害者支援を推進しています。

また、生命の安全教育の推進や痴漢問題への対策も進められており、より安全な社会を築くための取り組みが行われています。

このブログでは、具体的な取り組みや教育プログラムの概要について詳しくご紹介していきます。

性犯罪の防止と教育に関心のある方は、ぜひお読みください。

あんスラ
あんスラ

この記事を見て一人でも多くの性犯罪を防止出来れば、とても幸いです。

1. 性犯罪防止の重要性

crime

性犯罪や性暴力は、被害者の尊厳を踏みにじる行為です。

特に、こどもや若者に対する性犯罪・性暴力は、被害者の心身に長期にわたり有害な影響を及ぼす極めて悪質な行為であり、断じて許されません。

性犯罪の被害者は、一生を影響を受ける可能性があります。心の傷やトラウマ、自尊心の低下、身体的な痛みや苦しみなど、犯罪の影響は深刻です。そのため、性犯罪の予防と被害者の保護は、社会全体で取り組むべき重要な課題となっています。

あんスラ
あんスラ

私が大学生の頃、過去性犯罪を受けた女性の友達がいました。男性に少し触れるだけで、無意識に震える子でした。本当に、犯罪者が許せませんでした。だって、その子は子どもが好きだから、将来子どもを作りたい気持ちがあるんです。それにも関わらず、男性に触れると無意識に拒否してしまうんです。性犯罪は被害者の人生をダメにしてしまう可能性が高いです。だから、絶対に性犯罪をしてはいけません。

また、性犯罪は産業界や教育現場、家庭など、さまざまな場所で発生する可能性があります。性犯罪の被害者は、性別や年齢に関係なく、誰もがなる可能性があります。そのため、性犯罪の予防は、個人だけでなく、社会全体の努力が必要とされています。

性犯罪の予防には、正確な知識の普及や啓発、被害者への適切な支援体制の整備などが必要です。また、個々人が性犯罪についての意識を高め、自己防衛のための知識やスキルを身につけることも大切です。

性犯罪の予防に取り組むことは、社会全体の安全と平和を守るための重要な役割です。私たち一人ひとりが性犯罪に対する警戒心を持ち、共に予防活動に参加することで、より安全な社会を築くことができるのです。

2. 政府の取り組みと方針

government

政府は性犯罪・性暴力の問題に積極的に取り組んでおり、その方針を策定しています。以下に、政府が行っている取り組みと方針についてまとめました。

令和2年6月「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」

政府は、性犯罪・性暴力対策の強化のために、「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」を策定しました。この方針は、令和2年度から4年度までの3年間を「集中強化期間」と位置付け、対策の強化に取り組むことを目指しています。

令和5年3月「性犯罪・性暴力対策の更なる強化の方針」

さらに、政府は「性犯罪・性暴力対策の更なる強化の方針」を決定しました。これにより、令和5年度から7年度までの3年間を「更なる集中強化期間」と位置付け、関係府省の取り組みの方針を示すこととなりました。

「生命(いのち)の安全教育」の推進

政府は、子どもたちが性暴力の加害者、被害者、傍観者にならないようにするために、「生命(いのち)の安全教育」を全国の学校等で推進しています。このため、文部科学省と内閣府が連携し、教材及び指導の手引きを作成しています。各学校は、児童生徒の発達の段階や学校の状況に応じて、教育課程内外の様々な活動を通じて、この教材を活用することができます。

「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」に基づくモデル事業

政府では、「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」を踏まえて、関係省庁や民間団体と協力して、モデル事業を行っています。この事業では、教材や指導の手引きを活用し、学校等における「生命(いのち)の安全教育」の実践を支援しています。

このように、政府は性犯罪・性暴力の問題に取り組み、対策の強化に力を入れています。引き続き政府の取り組みが進められることで、性犯罪・性暴力の防止と被害者支援の促進を図ることが期待されます。

3. 生命の安全教育の推進

education

性犯罪・性暴力対策の強化を踏まえ、子供たちが性暴力の加害者、被害者、傍観者にならないよう、全国の学校等で「生命の安全教育」の推進が行われています。この取り組みは、文部科学省と内閣府が連携し、有識者の意見を踏まえながら教材や指導の手引きを作成しています。

生命の安全教育は、各学校や地域の状況に応じて、教育課程内外で様々な活動を通じて実施することができます。教材や指導の内容も、適宜加除や改変を行って活用することができます。この柔軟性を活かして、子どもたちが心身の安全を守るために必要な知識やスキルを身につけることが目指されています。

「生命の安全教育」の実践を後押しし、全国展開を加速化するために、実践事例集も作成されました。この事例集を通じて、各自治体や学校での取り組みを共有し、さらなる推進が図られることを期待しています。

「生命の安全教育」は、子どもたちの健全な成長と安全を守るために重要な取り組みです。性犯罪・性暴力は被害者の尊厳を著しく踏みにじる行為であり、断じて許されるべきではありません。性被害に遭った当事者の心身には長期にわたり有害な影響が及ぶこともあります。そのため、性暴力の予防と被害者支援に向けた教育が必要とされています。

生命の安全教育は、自分自身や他の人々の命や身体を尊重し、人間関係を健全に築くための考え方や態度を培うことを目的としています。子どもたちは自身の身の安全を守るための適切な反応や対処法を学び、性暴力への耐性を高めることが求められます。

全国の学校等では、生命の安全教育のための教材や指導の手引きを積極的に活用するよう呼びかけられています。学校や地域の特性やニーズに応じて、教材や指導の内容を適切にカスタマイズすることができます。さまざまな方法やアプローチを通じて、子どもたちが性暴力から身を守る力を身につけられるよう支援していくことが重要です。

生命の安全教育は、子どもたちの未来を守るために不可欠な取り組みです。全国の学校等において、生命の安全教育の推進に積極的に取り組み、子どもたちが健やかに成長する環境を作り上げていきましょう。

あんスラ
あんスラ

と調べたところ、そのようになっていましたが、正直今は学校も怪しいです。学校の先生の性犯罪もあるからです。 最近あった例が下の記事になります。

教え子に性暴力の「小学校教師」

引用記事↓

教室で女子児童を撮影し、当時10代の女性に性的暴行を加えようとした罪に問われている河嶌健被告の公判が7月6日、東京地裁(今井理裁判長)で開かれた。逮捕時に46歳だった被告は東京都の小学校教諭。しかも、被害者の多くは自らの“教え子”だった。

検察側の冒頭陳述では、あろうことかAさんの弟や、別の生徒も巻き込んだ、卑劣な河嶌被告の行状が明らかになった。

「Aさんの通っていた小学校に勤務することになった被告人は、生徒を怒る時に大声を出したり椅子を蹴ったりしていたので、Aさんや友人は、被告人を怒らせてはいけないと感じていた。その後Aさんの担任になった被告人は、Aさんだけを長時間膝の上に乗せたり、Aさんだけを一番前の同じ席に座らせるなど、他の生徒と異なる扱いをした。膝に乗せて太ももや胸を触るなどしたほか、教室にAさんを呼び出してキスをしたり、ひとりでAさんを教室に残し、陰茎を触らせたり口淫を繰り返し、それを撮影していた」(検察側冒頭陳述)

そんな日々が続くなか、Aさんが中学受験をすることを決め、担任である河嶌被告にこれを報告すると、河嶌被告はAさんに告げたのだという。

<キスを嫌がる素振りを見せると内申点を下げる>  

宿泊を伴う学校行事でも呼び出されたうえ、性的虐待を受け続けたAさんだったが、河嶌被告から怒鳴られるなどしたことからさらに恐怖を覚え、拒絶できないまま学校生活を続けた。卒業式で河嶌被告から連絡先を聞かれたAさんは、断って怒らせることを恐れ、従わざるを得なかった。

さらに、Aさんが中学校に進学したタイミングで、河嶌被告はAさんの弟の担任を受け持つことになった。中学に行ってもメールが続くなか、河嶌被告からの“誘い”を断ったAさんに、河嶌被告はこう言ったという。

<弟がどうなってもいいのか>

 自身が小学生の頃は内申点による脅迫を、卒業後は弟の身に危険がおよぶと匂わされ、Aさんは河嶌被告の要求に従い続ける。河嶌被告は小学校にAさんを呼び出しては、性的虐待やその撮影を続けた。そんな日々の果てに、起訴状のような、アパートでの性的暴行未遂事件の被害に遭ったという。

教え子に性暴力の「小学校教師」 公判で明かされた卑劣すぎる“口止め工作”の中身
https://news.yahoo.co.jp/articles/2395c4aad71def0b8ea65291d9d71a83d4de31b0?page=2
あんスラ
あんスラ

・・・・。

この記事を見て、言葉にならないほど、悲しみと怒りがこみ上げてきました。

私たちは子どもを学校に入れることが義務なんです。

だから、学校に子どもを預けるしかないんです。

いくらお金かけてもいいから、学校の先生は本当にしっかりした先生であって欲しいです。

それか、もう学校の先生はいらないです。

全て授業は動画。そして、担任はカウンセリングのプロにやってもらいたいです。

これだけでなく、生徒から色んな先生の勝手ぶりを聞いたことがあります。

学校の先生っていると思いますか?

もちろん、素晴らしい学校の先生はいます。

そういう先生だけを残し、事務作業や授業などはAIに任せれば、いらない先生を淘汰出来るようになるとも思いますよね。

4. 教育プログラムの概要

education

性加害、性依存症に対応する教育プログラムは、「再発防止」、「薬物療法」、「性加害行為に責任を取る」という3本柱で行われます。

再発防止策(リスクマネジメントプラン)

再発防止策としては、性加害に至った要因を探り、具体的な対処行動を学ぶ「リスクマネジメントプラン(RMP)」があります。このプランでは、自分がどんな状態の時に再発しやすく、リスクが高まった時にどう対処するかを専用のシートに書き出し、家族や友人などの伴走者(KP:キーパーソン)と共有します。この内容は、スタッフと相談しながら、治療が始まって最初の半年間は毎月更新されます。

薬物療法

薬物療法も教育プログラムの一環として行われます。性加害行為に関連する薬物依存の問題を適切に管理し、再発を予防するために、個別の治療計画が作成されます。専門の医師が薬物の処方と経過観察を行い、必要に応じて薬物の調整を行います。

性加害行為に責任を取る

教育プログラムでは、性加害行為に責任を取ることも重要な要素とされています。性加害者は、自身の行動について反省し、被害者や社会に対して責任を持つ必要があります。プログラムは、このような責任の重要性を啓発し、性加害者が再犯しないことを目指します。

以上のような教育プログラムは、性加害や性依存症に苦しむ人々に対して精神的なサポートを行い、再犯を防止するための手助けをします。プログラムの内容や進行は個々の参加者の状況に合わせてカスタマイズされ、専門のスタッフが支援を行います。参加者は自分自身と向き合いながら、性加害行為からの回復に取り組みます。

5. 痴漢問題の対策

sexual harassment

痴漢問題は、社会的な深刻な課題であり、性犯罪の一つです。政府はこの問題に取り組むため、様々な対策を講じています。

5.1. 痴漢撲滅に向けた政策パッケージの策定

令和5年3月30日には、関係府省において、「痴漢撲滅に向けた政策パッケージ」が取りまとめられました。この政策パッケージは、痴漢の防止や被害者支援に向けた具体的な取り組みを盛り込んでいます。

5.2. 性暴力対策の強化と更なる集中強化期間の設定

政府は、性犯罪・性暴力対策の強化を図るために、令和2年6月に「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」を策定しました。この方針を踏まえ、令和5年3月には「性犯罪・性暴力対策の更なる強化の方針」が決定され、更なる集中強化期間が設定されました。

5.3. 性犯罪・性暴力対策の広報啓発活動

政府は、性犯罪・性暴力対策の重要性を広く啓発するために、啓発活動を行っています。令和2年12月に閣議決定された「第5次男女共同参画基本計画」において、令和3年4月を若年層の性暴力被害予防のための月間と位置付け、相応の広報活動を展開しています。

5.4. 関係府省による取り組みの方針

政府は、「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」を踏まえ、関係府省が取り組みを進めるための方針を示しています。具体的な取り組み内容については、関係府省のホームページを参照してください。

5.5. 性犯罪防止クイズの活用

性犯罪防止クイズ「Self Defense Question (SDQ)」は、性犯罪に関する知識を幅広く広めるために提供されています。このクイズは、関係府省のホームページからダウンロード可能です。

以上が、政府が取り組む痴漢問題に対する対策の一部です。引き続き、痴漢の撲滅や性犯罪の防止に向けた取り組みが行われることを期待しています。

6. 性被害防止のための緊急対策パッケージ

prevention

性被害の深刻さ

性犯罪・性暴力は、被害者の尊厳を著しく踏みにじる行為です。特に、こどもや若者への性犯罪・性暴力は、被害者の心と身体に長期的な悪影響を及ぼす極めて悪質な行為です。このような行為は断じて許されません。

緊急対策パッケージの取りまとめ

令和5年7月26日、関係府省では「こども・若者の性被害防止のための緊急対策パッケージ」を取りまとめました。このパッケージは、性被害の防止と被害者支援を目指して各機関や団体と連携し、包括的かつ効果的な対策を実施するためのものです。

対策の内容

緊急対策パッケージでは、以下のような対策が含まれています。

  1. 教育の充実:学校や教育機関において、性被害の予防や対応についての教育プログラムを充実させます。
  2. 問題行動者への支援:犯罪者に対する再犯防止プログラムを実施し、必要な支援を行います。
  3. 被害者支援の強化:被害者への支援を充実させ、心身のケアや法的なサポートを提供します。
  4. 情報発信の強化:性被害の予防や対応に関する正確な情報を発信し、広く周知します。

パッケージの目標

緊急対策パッケージの目標は、こどもや若者を含めた全ての人々が性被害から守られ、安心して暮らせる社会の実現です。それに向けて、関係府省は引き続き対策の強化に取り組むことを示しています。

性被害の防止は私たち全員の責任です。これからも取り組みを進め、性被害の被害者がゼロになるような社会を実現するために努力しましょう。

まとめ

性犯罪や性暴力は、誰もが関わる重大な問題です。政府は性犯罪の防止や被害者の支援に取り組むために、教育プログラムや緊急対策パッケージを策定しました。生命の安全教育や痴漢問題への対策も進められています。私たち一人ひとりが性犯罪に対する警戒心を持ち、共に予防活動に参加することで、より安全な社会を築くことができます。政府や関係機関の取り組みを支持し、犯罪の撲滅と被害者の支援に向けた取り組みに積極的に参加しましょう。性犯罪の未来のない社会を目指して、一緒に努力しましょう。

あんスラ
あんスラ

学校や教育機関に頼ることなく、私たちも動いて、みんなで性犯罪の防止をする、そんな世の中にしたいと思います。そんな記事を今後も作成していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました